レックマウントプラスのスマホケースをつけたまま充電できるかiPhoneSE第2世代で試してみた

「レックマウントプラスのスマホケースをつけたまま充電できるかiPhoneSE第2世代で試してみた」のアイキャッチ画像

公式サイトでは非対応、私の場合は充電できました

自転車をMTBからグラベルロードに乗り換えました。FujiのJari1.3です。

舗装路も未舗装路も走りやすくなったし遠くまで出かけられるようになったので、いつでも地図を見られるようにハンドル部分にスマホを取り付けることにしました。

いろいろなメーカーが出していますがロード乗りの方がよくおすすめする「レックマウント(REC MOUNT)をチョイス。

専用ケースとレックマウントを合体させることで非常に使い勝手の良いシステムになるということで愛用している方も多いですね。

ケースの裏側とレックマウントの凹凸を合わせ、45度にひねることで深く固定されるようになっています。

最近のスマートフォンはワイヤレス充電できるものが多く、私も愛用しているのですがこのケースは裏面に凹凸があるため充電できるのかが心配でした。

ライド中のスマホを取るか充電を取るか悩んだ結果「買って試してみたほうが早い」ととりあえず買ってみたわけです。

結果的には使えることがわかりましたがあくまで「私の使っているスマホ、スマホケース、充電システム」の場合のみ可能だったということになります。

違うスマホや充電器などについてはメーカーの見解通り「非対応」としか言えないのでご容赦下さい。

私のiPhoneとワイヤレス充電について

私が現在使っているiPhoneはSEの第2世代です。iPadなどを使う私には十分な性能。

そしてこのiPhoneのためにAnkerのワイヤレス充電器を高速充電できるようにしています。詳しくはこちらの記事で。

こんな板に立て掛けておくだけで充電できるのでケーブルを抜いたり刺したり刺し忘れて充電できていなかったりといったストレスから完全に開放されています。

ブックカバータイプは充電できないものも多いらしいのですが、私が使っている普通の薄いカバーだと問題なく充電できています。

さて、このたび購入したレックマウントプラスのスマホカバーを使うとどうなるのでしょうか・・・

 

無事充電できました。

私が購入したのはこのパターンのカバーとレックマウントプラスです。

これに私はCATEYEのライト(volte400)を使っているので専用のアダプターを付けています。

これでライトも自転車のセンターに固定でき、スマホも見やすくライドを楽しむことができそうです。