ノウハウ

たこ焼きソースだけがたこ焼きではない、おすすめ食べ方いろいろ

更新日:

タコ+たこ焼きソース以外もいろいろおいしいよ!

部活などでなかなか一斉に晩ごはんが食べられる事が減った我が家ですが、今日の夜は4人そろって「いただきます!」ができそうなスケジュール。「何が食べたい」と妻に聞かれたので「たこ焼きでも焼こっか」ということに。

「たこ焼き粉」もないし業務スーパーに行かなきゃといいつつ、業務スーパーだけでほとんどの食材が揃ってしまう気もする。タコだけは途中に立ち寄ったスーパーで先に買ってしまったんですけど、業務スーパーにもタコが売ってたりしますからね。

ウチのたこ焼きの具はタコだけではありません。また、たこ焼きソースだけでもありません。いろんなものを入れていろんな味付けで食べるのが楽しいのです。今日はそんなお話です。

たこ焼きの材料編

たこ焼き粉は業務スーパーに売ってるたこ焼き粉を使います。普通は水で溶くのですが、だしの素を一袋入れておくと味に深みが出ますよ。一度お試しを。あとはかつお節を入れたりエビ粉などを入れても美味しい。以降説明は「たこ焼き粉とだし」と呼びます。一つ言いたいのは水分を多めにすること、我が家では「シャバシャバ」と水っぽい状態にまで水を加えます。

ホットケーキミックスのようなドロドロでたこ焼きをつくると硬いしすぐお腹が一杯に。水分を多めにしてつくると「外はカリッと、中はとろとろ」のたこ焼きを作りやすいです。

一緒に入れる野菜としてはネギ100%のときもあるし、キャベツを細かく切って入れるときも。キャベツの硬いところが入ってても歯ごたえがあって楽しい。これはまとめて「野菜」と呼びますね。

タコなどの「具」は入れますが、他にもいろいろ。今日は焼豚とチーズを入れてみました。ベーコンを入れたりちくわを入れたり「ちょっと歯ごたえがあるもの」を入れると楽しい。水気が出るものや完全に溶けてしまうようなものはせっかく入れても味が粉に混ざってしまうのでちょっと残念なことになってしまうかも。でもお餅はおいしかった!すこし温めて柔らかくして入れるか、お鍋に入れるような薄くスライスされたものを入れてみて下さい。

焼き方編

たこ焼きのプレートは最初に全力で焼いておき、煙が出てから油を多めに入れてなじませます。これを疎かにすると焦げ付いてひっくり返らなくなります。最近はテフロンコーティングされた鉄板があるので素直にそれを使ってもいいです(我が家もそれに変えました^^)

さて、我が家のたこ焼きの焼き方なんですが・・・

  1. たこ焼き器の凹みに80%くらいたこ焼き粉とだしを流し込み、手でを放り込みます
  2. 一面にネギなどの野菜をプレート全面にガサガサと落とし入れ、お玉でそれぞれの穴にかき集めて入れます
  3. フタをするようにもう一度たこやき粉とだしをプレート全面にたこ焼きとだしが行き渡るくらいまで流し込みます
  4. 適当に固まって来たらくるくるとひっくり返して焼ければ出来上がり。熱源に近い側から温度が高いので早く焼けていきます

最初の一回で焦げ付いてしまったりすると後の分も焦げ付いたりしやすくなります。思い切って失敗したときに水道で洗い流してしまい鉄板を「やりなおす」ほうが早いときも。

味付け編

もちろんノーマルの食べ方は「たこ焼きソース」です。ちょっと違う味を試したかったらお好み焼きソースの「どろソース」など辛いものをつけても美味しいです。

それ以外にもウチの場合は「塩」を使った「塩たこ焼き」とかも。業務スーパーで「ミル付きヒマラヤピンクソルト」っていうのが売ってるんですけど、名前の通り「ガリガリ」して砕きながら塩を振ることが出来るんですよ。値段もかなり安いし。150円くらいだったような気がします。

ソースに飽きたらこんなあっさりめを楽しむこともあるし、季節的に暖かいものを食べたい時は麺つゆなどをお湯でほどほどに伸ばした「出汁」に入れて「出汁たこ焼き」にして食べるのも美味しい。

食事中にスマホは絶対に触らないことにしてるので写真はありませんが(笑)イメージで。

f:id:masaki709:20170429214142p:plain

具を変えたりソースを変えたりしながら楽しむたこ焼き、ぜひいろいろお試しくださいませ。

-ノウハウ

Copyright© ぬばたまのん.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.