マスクをつけたら顔にシワができた~理由と解消法

きついマスクは顔や肌に負担になってしまうようです

新コロナウイルスでマスクをつける人が増えました。一時は品薄で価格も高騰するし入手も難しくなったのですが、4月の終わり頃からなんとなくスーパーやドラッグストアでちらほらみかけるようになってきたような。

さて、そんな2020年マスク騒動の中で私が愛用していたのはピッタマスク。

いわゆる「ウレタンマスク」とか「スポンジマスク」と言われるタイプのマスクで、普通のガーゼマスクや不織布マスクと違ってスポンジの気泡がフィルター代わりになってホコリや花粉などを防いでくれるタイプ。

ただしこのマスクもフィルター機能はそれほどではないので新コロナウイルスは通過してしまいます。あくまで咳やくしゃみ、呼吸のときに「私がウイルスなどを飛散させない」ためのものなのですが。

さて、そんなピッタマスクをつけて仕事にいき、帰ってきてマスクを外し洗顔のために洗面台の前に立った私は異変に気づきました。

口とあごのあいだにへんなシワができてるんだけど・・・

突然できたシワの原因はマスクだった

最近運動不足だし、もしかして太ってシワができたのかと一瞬思ったのですがどうも違うっぽい。

いろいろシワのあたりを引っ張ったり伸ばしたり押したりしてたら気が付きました。

「あ、顎のあたりを上に持ち上げると肌にシワがはいるな」と。

試しにマスクをこんなふうにあごにひっかけるとシワがくっきり!これか!!!

ピッタマスクはスポンジなので伸縮性があり、あごから耳に向かって若干引っ張られるような感覚があります。

頬あたりが引っ張られるのならフェイスアップにはなるのかもしれませんが、あごの部分を上にひっぱられてしまったことであごと口の間にしわができてしまったようです。

マスクはちゃんと付けましょう。ピッタマスクでもしっかりひっぱって伸ばしてやると大丈夫。

シワに気づいた翌日はとりあえず不織布のマスクに変えたのと、あるものを使ったところスッキリ回復しました。

昔ならすぐ治ったのに寝て起きたときに顔についてるシーツのシワの跡とかがお昼ごろまで消えないとか年齢を感じます・・・笑

さて、このシワのばしに活躍したのが「かっさ」なんですが、これが実におすすめグッズなんですよ。

マッサージ効果で顔もカラダもすっきりする「かっさ」

これは美容ブロガーさんのイチオシで買ったものなのですが、もう2年くらい愛用しています。

私のパソコンデスクの愛用品、キーボードと老眼鏡、そしてかっさです(笑)

老眼鏡をかけながらキーボードでブログを書いたりしながら、肩が凝ったりしたときはカッサを使って伸ばしたり押したり。

この長靴の先のような部分がツボを押すのにすごく心地よいし、全体的になめらかなので筋を伸ばしたりするのに便利。

目の大きさが変わってしまうくらいマッサージ効果大なのでホント試してみて下さい。

顔のマッサージだけではなく肩こりや腕、手のツボ押しなどにも使えますし、なんたって一度買ってしまえばお金がかかりません。皮膚がこすれすぎて痛いときはオイルやジェルで滑りを良くして使うほうが良いです。

私の場合はAmazonで1000円くらいのオールインワンジェルを使ってます。ベタベタしないしたっぷり使っても安いので(笑)