40代が好奇心をさらに広げるMagazine

ぬばたまのん.com




レッスン 自宅レッスン

テニス初心者がインターネット動画を使って練習する方法

投稿日:

お手本動画の真似をするのが1人練習の上達の近道

学校のクラブ活動などで練習すると上達も早いと思うのですが、40代などで通いだしたテニスクラブというのは週に1度か多い人でも週に2回くらい。それも10人弱のクラスなどに入って練習すると実際にボールを打てる時間というのはそれほど多くなく、「いいサーブが打てた!」とか「いいフォアハンドのクロスが打てた」と実感できるのは1レッスン中に数本しかなかったりします。

もちろん、レッスンで習ったことをしっかり覚えておいて自宅に帰ってから反復練習するのが一番良いとは思うのですが、多人数クラスに入って打っているとあまり具体的なレッスンを受けることが出来ていなかったりするのもまた事実。

  • うん、今いい音でボール飛んでったよ!
  • しっかり振り抜いて!
  • ボールを良く見て!
  • 頭を動かさないように!

本当はもっと具体的に「どこをどうするのが良いか」が聞きたいんですがなかなか時間の都合などで聞けなかったりして。レッスンの途中でボールを集めているときにちょっと教えてもらったり、こちらから「ここはどんなふうに」と聞くと教えてもらえたりもするのですが。なかなか難しい。

それでもやっぱり40歳であろうが50歳であろうが60歳、70歳になったってどうせやるならテニスが上手になりたいものです。下手でもいいや、ではやっぱり楽しさが半減してしまいます。

「ではどうするのがいいか」と考えたときに思いついたのが「動画を見て真似する」ことでした。YouTubeの動画ならネット環境さえ整えばいつでも見ることが出来ます。ネット環境が整わない場合はダウンロードしてパソコンやタブレット、スマートフォンから見ることもできます。

実際に私はYouTubeでお手本動画をさがして、ダウンロードしてSDカードに保存し、それをChromebookというノートパソコンで見ています。住んでいるのがマンションなのでラケットを素振りできるような場所もありませんし、広大な庭もありません。車で少し離れた広場まで出かけてノートパソコンを開き、動画を見ながらテニスラケットを振ることで自習していたりします。

そんな方法もあるんだな、ということでご紹介してみるのと、実際に使用しているガジェットなどをご紹介してみますので、「じゃあアレの代わりにコレが使えるかも」など各自の持っているものに置き換えてみたりして是非チャレンジしてみて下さい。

私が使ってる道具いろいろ

ここでは私が実際に使っているものをご紹介しておきます。

Chromebook

ノートパソコンです。よく見かけるのはWindowsのノートパソコンやAppleのMacbookが有名ですが、Googleが独自のOS「Chrome OS」を開発して搭載させたパソコンがChromebookです。軽くてコンパクトにできるし、動作も軽いのが特徴です。値段も安いのですが、Windowsのようにあれこれ拡張したりするのが苦手。その特性を理解して買うとかなり便利で安いノートパソコンです。

私の使い方は「部屋を移動していろんなところでノートパソコンを使ってブログを書きたい」であったり「YouTubeやAmazonビデオ」などの動画コンテンツを気軽に楽しむこと。もちろんキーボードもついているのでブログやメールを書くことも出来ます。

実際私が使っているのはこれ。Chromebook C200 というASUSの製品です。2年ほど前のモデルなので今は製造していないかも。モニターサイズが11.6インチと少し小さいので動画を見るには少し小さめですが、持ち運ぶにはこのくらいがいいのかと思って購入しました。Chromebookはこの11.6インチあたりのモニターサイズがすごく多いのです。持ち運びを意識するからなんでしょうけど。

今だったらAcerのChromebook CB3-131-C3SZなどがいいかもしれません。機能を絞っていることで3万円で収まります。

もう少し予算があればWindowsのノートパソコンで14インチサイズのモニターのものが手にはいります。このあたりは予算と相談ということですね。どれを選んでも動画を見る程度の処理能力なら特に問題はないと思います。

他にも、キーボードがついていないタブレットなどでも十分代用できます。こっちのほうが扱いやすいし持ち運ぶにはいいかもしれません。

ここを語りだすと長くなるのでまとめておきます。こういうものがあればどんなものでもOKです。

  • ラケットを振ることができる場所に持っていける「動画を見ることが出来るもの」
  • 動画をダウンロードすることができるか、動画を入れたSDカードを読み取ることが出来るもの
  • 動画が滑らかに再生できるくらいの性能

ゴム紐つきテニスボール、テニスボール

昔からあって今でも売ってる「ゴム紐つきテニスボール」ってわかりますか?

これを使うと不自然なボールの動きに体を合わせる必要がある、だからやってはいけないという考え方と、ボールにそもそも慣れることが重要なのでやってみてもいい、という考え方があると思います。実際に私も使っていますが、これを使ったからといって自然なラリーができるわけではありません。あくまでもゴムに引っ張られたボールなので、重力に合わせた軌道でボールが飛ぶこともありませんので、山なりのボールの軌道予測をしながらラケットを振る、というのはあまりおすすめできません。

ただ、打ったボールが帰ってくるのはとても魅力的なので、私がやっている方法というのは「手でボールをトスし、そのボールをフォアハンドなりバックハンドで打つ」ということです。手でボールをトスすることで自分の近くに「ほぼ重力にあった軌道を描く」ボールができるわけですし、それをしっかりボールを見ながら丁寧に打つことを続けているとフォームがすごく安定してきます。

そのときに僕が参考にしたのはこの動画。これなら一人でも十分練習ができます。

弾むボールを打つだけですが、最初はラケットの真ん中にボールを当てるだけでも難しいですよね。打ったあとのボールの飛ぶ先を見ているとラケット面の角度などを修正することもできます。ボールの飛ぶ先に目印などを置いて「この方向に打つ」などと目印や目標をつけて打つとボールコントロールも上手になりますよ!(私もまだまだですが)

テニスボール

トスを上げる練習や、ボールを突く練習などに使えます。1つ2つで十分です。

こんな動画を参考にトスの上げ方を練習したり

 

こんな練習でボールコントロールの練習をしたり(これなら自宅でもできますね、窓ガラスやテレビにご注意)

 

お気に入りの動画を集める

先日書いた記事のように、私にはYouTubeに3人のコーチがいます。といっても実際に習ったのは1人だけで、あとのコーチはこっちが一方的に動画を見て学ばせて頂いているだけなんですが(この場を借りてお礼申し上げます)

YouTube動画でテニスを学ぶ!僕が参考にする3人のコーチ

目次1 自宅でもどこでもテニスを学ぶ!動画を見てみよう1.1 南部コーチ1.2 井上コーチ1.3 河合コーチ1.4 教え方は三者三様 自宅でもどこでもテニスを学ぶ!動画を見てみよう 私の場合、テニスス ...

続きを見る

私の場合はこの方達の動画の中から「今日はこんな練習をしたい」という動画を探します。あまり長時間の動画をダラダラ見るよりもワンポイントレッスンを繰り返し再生するほうが動作のチェックもしやすいですし、実際の練習になっている気がします。

自宅で素振りができる方なら、先ほどご紹介したようなタブレットやパソコンなどで動画を再生し、それを真似する方法で練習ができるのですが、私のように狭い家でラケットを振り回すとガラスがいとも簡単に割れてしまいますので、庭や近所の空き地などで練習するほうがやはり危険性が少ないでしょう。

それを思うと自宅のWi-Fiの電波が届く庭で個人練習ができる環境って羨ましい。さらにマンション住まいでベランダも狭いので空き地まで行く手間がいりませんからね。

Wi-Fiで動画を再生することが出来ない方は動画をダウンロードして見ることになります。私の場合はダウンロードした動画を一度SDカードに入れて、それをノートパソコンで再生することにしています。それだと処理能力の高いデスクトップでダウンロードをしておきSDカードに保存、そのSDカードをChromebookに入れて再生という方法がとれますので。

ダウンロードの方法等についてはこのサイトがわかりやすいかもしれません。これについての質問等はお受けできません。各自で調べてご利用くださいね。
YouTube変換 – ClipConverter.ccの使い方・設定

もちろん、タブレットを使っているならタブレットに保存することもできますが記憶できる容量があまり多くないのでご注意下さいね。

実際の練習はこんな感じです

今回のテーマはサーブ。全然うまくならないんですよ。テニススクールの短い時間でサーブをしっかり練習する時間ってあまりとれなくてスキマ時間の10分ほどで終わってしまったり。やはりここは自主練習でフォームだけでも出来るようになりたいということで動画を4つ探してみました。

サーブ@運動連鎖 ①状態のひねり戻し
サーブ@運動連鎖 ②股関節のため戻し
サーブ@運動連鎖 ③足の蹴り出し
サーブ@運動連鎖 ④全体のバランスをとって

このコーチの運動連鎖というサーブのレッスンは4つで構成されています。一つ一つの動作をチェックしていき最後はそれらを連動させることでバランスのいいサーブのフォームを完成させることができます。もちろんそれが完成ではなく、スライスをかけたりスピンをかけたりすることもできますし、ボールのスピードを上げたり精度をあげたりすることもできますよね。いきなりはできませんが少しづつでも練習すれば成果が形となってあらわれるところがテニスの楽しいところだと思っています。

こういう動画を見ながら素振りをしたり、実際にボールを打ってみると次のレッスンのときに試してみたくなる課題がたくさんでてきます。それを質問したり実際に試してみることですこしづつ練習の内容が濃くなっていくと思いますので!何かの参考になれば嬉しいです!







おすすめ記事

-レッスン, 自宅レッスン

Copyright© ぬばたまのん.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.