40代が好奇心をさらに広げるMagazine

ぬばたまのん.com




ロードバイク ロードバイクのパーツなど

ロードバイクのために買ったおすすめ自転車パーツ

投稿日:

目次

ロードバイクを大事に乗り続けるために

クロスバイクに乗っていた私がついにロードバイクを買いました。買ったのはGIANTのCONTEND SL1、アルミのバイクでコンポーネントはほぼ105、ロングライドにもってこいのタイプです。先日ついにビワイチ(琵琶湖一周200キロ)も走ってきました。

ちょっと近所まで行って帰ってくるくらいなら装備も適当でいいのですが、長距離を走ろうとするとパンクの危険やそれなりの装備が必要になってきます。そこで今回買った自転車パーツを紹介しながら気に入ったポイントを書いておきます。ちなみに「自分で買わない、持っていないもの」は載せません。「これはどんな感じ?」という質問があればいつでもコメント欄にどうぞ!

実際に使用しているパーツ

【鍵】ABUS 1500/110

盗難が多いロードバイクには強いチェーンロックは必ず持っておきたいですね。購入したのはABUSのチェーンロック。

全長は1100㍉、つまり1.1メートル。実際思ったより短い、という感想。これだけではやっぱりちょっと心もとないですね。小さくたたむと10cm×8cm×4cmくらいになります。出かける際の補助的な感じで捉えておいたほうがいいかも。

これが社外駐輪場に停める、スーパーでも停めたい、となるとU字ロック+ワイヤーを選んでたと思います。

【鍵】crops(クロップス) Q3 SPD08/Φ3×1800mm ブラック

アブスは頑丈な分、少し重いです。通勤するだけでコンビニにちょっと寄る程度ならクロップスでも大丈夫かと。アブスのように鍵を抜くタイプは「鍵を紛失する」というリスクもあって遠出するときもちょっと緊張します。

ちょっとしたポタリング程度ならダイヤル式が良さそうです。これは番号を自分で変更することができますし(初期設定は000)それさえ忘れなければ。軽量で腕にちょっとはめるだけで持ち運べる手軽さ。バネ状になっているのでハンドルに巻きつけてもハンドル操作の邪魔になることもありません。

【ボトルケージ】TOPEAK モジュラー ケージ 2

今回購入したロードバイクは ダウンチューブとシートチューブに1箇所づつボトルケージ用のネジがあります。2箇所使えるのがありがたい。パンク修理などのメンテナンスセットをツールケースに入れて、シートチューブ側のボトルケージにセットしています。

太さのサイズが調整出来る方がボトルのホールド感が上がります。窮屈なのに無理やり入れてダンシング中に割れたらツールケースごと紛失もありえますし、かと言ってゆるすぎるとスッポ抜けて知らない間に無くなる可能性も。

このTOPEAK(トピーク)のモジュラーケージ2は底部にあるボタンを押すことで幅を調整できるので、ペットボトルを入れるときは細く、レースボトルを入れるときは太くと調整することが出来るのです。

写真からは見えない下部裏側にボタンがあって、押すことで伸び縮み出来るうえに、そこにあるネジをねじることで微調整をすることができます。指で挟んでいるあたりの銀色のものがボタン、中央部のネジ頭のようなものが微調整用ネジです。

もう一箇所、ダウンチューブ側は自転車の色にでも合わせてGIANTの黒と赤のものをチョイス。自転車に合ってて気持ちいい。

【エアポンプ】 air bone スーパーミニポンプ

長さたったの99㎜、重さ59gで7気圧まで入るという小さな小さな空気入れ。英仏対応。Amazonのレビューを見ていると「小さいくせに思った以上に入る」と評判だったので。これで少し膨らましておいて最後にCO2インフレーターで仕上げます。走る道が峠だったり琵琶湖だったりすると急なパンクってやっぱり少なくないものですから。

CO2インフレーターをパンク修理初期から使いはじめると最後に圧力がちょっと足りなくなるケースがあるとか。2本使えばいいんでしょうけどパンクってなぜか連続で起きたりするんですよね、特に雨の日に限って。一つ持っておけばきっと役に立ちそうなお守り代わりということで。

【パンク補修材】PARKTOOL スーパーパッチ

パンク補修用にパッチ、接着剤、紙やすりは持って走っていたものの、実際走りながら補修なんて簡単には出来ないだろうなあとは思っていました。焦ってタイヤのヤスリがけが甘いと接着剤のところからめくれたり、接着剤を塗り広げすぎてどこがパンク箇所かわからなくなったり。いつもは近所だし予備チューブに交換して走り、帰宅してから補修することが多かったのでよかったんですが。

ただ、ロードに乗って遠出した時には「予備チューブに交換後にもパンクする可能性」もあると考えてレビューの中から一番信頼性の高いものをチョイスしました。

チューブ表面をペーパーで荒らし、そのまま貼り付けるだけ。ゴム接着剤を塗布したあとに乾燥させたりする手間もありません。値段も安いものですしかさばらないので多めに持っててもいいです。そしてこの商品のありがたいことは、これが単なる補修材ではなく、完全修復できるパッチだということ。

タイヤの緊急修理が必要なときに裏側から貼り付けたりにも使えます。

【ビンディングペダル】シマノ ULTEGRA PD-6800

通勤でも乗りたいしちょい乗りもしたい、となると「片面フラットペダル、片面SPD」というものがあるので(シマノならPD-A530)それでいいかなと。しかし友達から「SPD-SLでもフラットペダルのように踏めますよ」とありがたいアドバイス。値段は高くなるけどアルテグラ!!欲しい!ということで購入しました。

 

今日は天気が悪かったので、ビンディングシューズを履かずに普通のスニーカー。SPD-SLのビンディングペダルをフラットペダルのように使ったわけですが、全然問題なし!とくに滑るわけでなく、前の部分がちょうどスニーカーの溝にはまる感じで違和感なく乗れました(往復12キロ)

【フラットペダル】MKS シルバン ツーリング

上記のビンディングペダルをフラットペダルのように使っていたのですが、雨の日にちょっと滑ったり力が入れにくかったりでフラットペダルを購入。六角レンチ一本で交換ができるから、ロングライドはビンディングペダル、普段はフラットペダルで乗ることにしています。

六角レンチで変えられるので楽ですよ(6㍉)

やっぱり面積が広い分踏みやすいし回転の滑らか。表面のギザギザがしっかりと靴に絡みついてくれるのでペダリングもスムーズになりました。遠出する時で「自転車メイン」のときはビンディングペダル+シューズ、ポタリングなど「自転車以外」の目的のときはスニーカーとフラットペダルで良さそう。

フラットペダルに変えてみるとペダルの上に乗るシューズの位置が安定しないのが気になります。そういうときはハーフクリップで位置決めするとしっくりきます。

これをペダルの前に固定することでつま先の位置が決まります。ペダリングがスムーズになるし、若干の引き足効果も。普通トゥークリップはストラップをつけてペダルとシューズを固定しますが、ハーフクリップはこれ単体で使うので足の脱着も当然スムーズ。信号の多い市街地などはビンディングペダルよりもこっちのほうが絶対に楽です。

ただ、ペダルが地面に近いときに若干擦ったりするので音がガチャガチャ鳴ることも。チョイスするペダルメーカーによっては樹脂製のハーフクリップも売ってるのでチェックしてみてください。

【ビンディングシューズ】シマノ SH-RP300MLE(ワイド)

SPDにもSPD-SLにもあうシマノのビンディングシューズ。

私は足の幅が広く、足の甲が高い靴のチョイスが難しい。見た目細めのビンディングシューズは合わなそうなので、ワイドタイプのこれを買いました。サイズはいつもの靴は26cmですが1つ大きめの43サイズ(27.2cm)。レビューを見ていると「1つサイズ大きめをオススメ」というのが多かったので。※実際はお店で履いてみるのがもちろんオススメです。

【レンチ、ツール】TOPEAK X-Tool シルバー

いつもなら4㍉と5㍉の六角レンチを輪ゴムでグルグル巻いて持ち歩いてただけですが…不慮の事態のときに「レンチがない!」とか言うのは辛い。ヒッチハイクのように他のロード乗りの人に助けを求めるとかも恥ずかしすぎる。

必要十分だと思います。でもT25のトルクスレンチってどこに使ってるんだろうとおもいきや、ディスクロータの取り付けネジに始まりいろいろな部分に使われ出してるそうな。うちのロードにはついてないから。

1つ独立してる六角レンチはこのツール本体を締めるためのもの。使ってるうちに緩んだりするのを締めるために用意してあるとはさすがTOPEAKという感じです。そして以外にもこの2.5を使っているパーツがあるので結構使ってます。

【ペダルレンチ】バイクハンド YC-156A

最初からついてるフラットペダルからビンディングペダルに交換するために買ったペダルレンチです。Amazonで安く評価も高い。握る部分(赤い所)は軟質塩ビか若干の柔らかさがありしっかりして握りやすい。

長さは280㎜くらい。がっしりしていて安定感があります。

※追伸

シマノ ULTEGRA PD-6800はこのペダルレンチが不要で、8㎜の六角レンチで固定することができました!ペダルを買うときは固定するときの必要工具を是非確認してください!

【グリス】PARKTOOL ポリリューブ PPL-1(グリス)

ペダル交換時にネジ部に塗って固着防止のために塗るものです。チューブ入りでやや柔らかいものの水にも強いようで愛用者多し数年間は使えそう。

ご注意!洋服につくと取れません。

【サイコン】CAT EYE ステルス エボ stealth evo GPS スピードセンサーレス CC-GL11

サイクルコンピューターことサイコン。メインの目的はバイクのメンテナンスを考えた時に「走行距離履歴」は残しておきたいと思った事から。ワイヤーやチェーンなどの交換を何キロでやろうとか。昔使っていた有線式は使い始めてすぐ振動によるものか断線してしまい数ヶ月で使えなくなったことから「サイコンなんていらん!」と思っていたのですが。買ってしまいましたCATEYEのCC-GL11

今のサイコンってすごいですよね。

  • GPS(ワイヤレス)/GPS利用によるスピードセンサーレス
  • 速度(走行速度、平均、最高)/距離(走行距離1/2、積算距離、積算距離入力)
  • 時間:走行時間/時刻(12/24時間表示選択可能)
  • CATEYE Atlas、Traimomgpeaksでの走行ルート、データ閲覧、データ蓄積
  • パソコンからの本体設定、USBクレドールによる充電、データ通信/最大60時間の走行ログ記録/ファイル/データビュー:全ファイル1トリップ/PCリンク可能
  • オートモデル(任意でのスタート、ストップ可能)
  • タイヤ周長セット範囲:ANT+センサー使用時。100~3999mm 初期値:2096m
  • メニュースクリーン搭載
  • 夜間常時バックライト(ナイトタイム設定。ELバックライト)
  • 電源:リチウムイオン充電池 充電方式:USB/専用クレドールを使用 充電時間:約5時間 電池寿命:連続使用で約10時間 ※繰返し充放電回数:標準300回(定格容量 の70%の容量低下まで)

最初にびっくりしたのは「センサーがない」んです。通常はセンサーをつけて「タイヤが何回回ったか」で距離を測ったりしていたんですが、これは本体にGPSが内蔵されているので、GPSで距離を測るんですよ!海抜高度などもこれによって表示することができます(坂はかなり苦手なんですけど)

また、このサイコンをパソコンと接続することでデータをダウンロードしたり、Stravaなどとリンクさせることができるようです。遠出した時の走行ルートを保存したり、サイコンの設定を変更したり。これは便利。

www.strava.com

通勤で乗る自転車なので、帰宅途中になると夜真っ暗になることもありますし、サイコンにバックライトがあるのも嬉しい点です。夜18時になると自動点灯するように設定してあります。さて、開封してみました。センサーがなくてGPSで計測するなんて昭和の人には想像もつきません(笑)

キャットアイが独自で公開しているサイト「CATEYE ATLAS」に登録すると、このサイコンのデータをアップロードできたり、PCに入れたアプリ「CATEYE Sync」からデータをダウンロード出来たり。CATEYEのアプリなども入れましたが、使っている人も多いSTRADAにも登録しました。

【サイコン等固定】REC-MOUNTS アウトフロントバイクマウント Type16

キャットアイのサイコンやライト類をハンドルに固定していると乱雑で場所を取られてしまい、上ハンドルが持ちにくいことがあります。今乗っているクロスバイクはブルホーンに変えているのですが、たまにセンター辺りを握るとライトに手が当たってやっぱり感触が悪いんですよね。

このマウントを使うと上ハンドル部分に付くものをこんな感じでまとめてハンドルより前につけられるんですよ。上ハンも持てるし計器類は前にあるほうが視界に入りやすくなります。そしてこのNo.16というタイプは上にサイコン、下にキャットアイのライトのマウントがセットされているもの。ライトを下に取り付けられるんです。

ただし、ライトの重量は100gまで、と書かれているので念のため。次に紹介するライト(VOLT400)は120gです。自己責任で付けています。

開封しました。中身は本体とライト用マウントの部品が分割されている状態です。ライトマウントは付属のネジ二つでつけるのですが、2.5㍉の六角レンチが必要です。

重さは50gをちょっと越えるくらい。サイコンやライト、カメラなどを取り付けることも出来る分やはり丈夫。安心感がありますね。

長さはおよそ80㍉、取り付けるライトが細長い場合、ライトがブレーキワイヤーに干渉する場合があるそうなのでご注意下さい。

今回購入したレックマウントNo.16にCATEYEのサイコンCC-GL11とライトVOLT400をくっつけてみた図。か、かっこいい・・・。

【フロントライト】CAT EYE リチウムイオン充電式 VOLT400

いままで使っていたライト(GENTOS閃)は100ルーメンで「普通に走る分には困らない」レベル。しかしスピードがあがる(かもしれない)ロードバイクで路面状況を確認しながら走るにはちょっと心配なところがある。

ということで約400ルーメンのキャットアイVOLT400を購入。これはホームページの画像をお借りしました。

f:id:masaki709:20160827094204j:plain

これはハイモードと呼ばれる「3時間」しかもたない照度です。もうワンランク下げた「ミドルモード」にすると8時間。毎日通勤で使っても10日以上はもちそう。

GENTOS閃が電池式だったのに対し、これは2200mAhのリチウムイオン充電池。microUSBで充電できるので、バックライト同様パソコンやモバイルバッテリーで充電できます。「ついうっかり充電を忘れた」が無くなるのが嬉しい。緊急時は帰宅出来る程度だけ充電して走る、ということも出来なくはありませんし。※本体充電中にはライトは使えません。さて、実機到着。

重さを図ってみます。120gと聞いていたものの、110gです。充電すると重くなるのかな(そんなことはない)

中身は説明書と充電用コード、本体、ハンドル固定用のバンドです。

充電は台座側にゴムで防水シールされたキャップを開くと出てきます。水対策も問題なさそうです。

キャップを開けるとmicroUSBの穴があいてます。ここから充電ですね。完全放電から6時間で充電完了するそうです。

全長でおよそ111㍉、太い部分で40㍉弱です。

割と小さいので触った感じはズシッと重いです。バッテリーがそれなりの重さがあるのでしょう、しかし100ルーメンのミドルモードで8時間持つというのはありがたいです。街灯のない真っ暗な道はハイモードで400ルーメン、街灯がある道なら100ルーメンでも十分だと思いますので。自動車などにも気づいてもらいやすく自分からも明るく照らしてくれる「ハイパーコンスタントモード」があるのと、どの状態からでもボタンをダブルクリックすることでハイモードに切り替わるのは高評価です。

※水が入って誤作動しました

雨が4日ほど続いたのですが、夜中に自転車を止めているベランダを見ると勝手にライトが付いているのに気づきました。どうやら雨水が入ったため誤作動し勝手にライトが付いた模様です。本体とバッテリー部が分離できるようにはなっているので、そこのシールが弱いのか、USBの充電部分のキャップから水が入るのかもしれません。

純正のホルダーだとUSBの充電部は下向きになるのですが、今回私が採用したような「下にぶら下げるタイプ」の使用方法だと充電部が上向きになるので水が入りやすいかもしれません。今後購入予定の方はご注意下さい。

とりあえず乾燥機の上に起き乾かしたところ復旧しました。

【リアライト】Sheny 自転車 テールライト USB充電式

リアライトはかれこれ3台目。よく故障するんですよ。値段も安いんですが故障するのが早くて困っていました。これ、値段は2000円弱ほどしましたが、防水されていますし、なかなかの使い勝手です。

USBで充電できるのと、センサーが内蔵しているので自転車が動けば転倒、停車すれば消灯するようなモードもあります。充電部からの浸水もなく、半年以上使うことが出来ています。

【泥よけ】ASS SAVERS(アスセイバーズ)

クロスバイクには泥除けを付けていたのですが、ロードにはあんまり仰々しい泥除けをつけたくなかったのです。しかし実際明日から乗ろうと思ったら天気が悪いので、やっぱり泥除けはいるなと大急ぎでアマゾンで見つけました。ASS SAVERSっていうスウェーデン製の泥除け。といってもペラペラの樹脂でできてます。よく見ると折り目が付いてて、説明のとおりに折りまげると立体っぽくなって・・サドルの後ろに挟んで固定します。

バイクの色に合わせて赤をチョイスしましたが、なんだか舌のようです(笑)

裏に折り曲げ方が印刷してあるので、そのとおりに折り曲げてサドルに突っ込みます。サドルのレールに引っ掛けるので、ちょっと揺れたくらいでははずれません。

大きさが3種類、オリジナル(標準)、ワイド(広い)、エクステンド(長い)の3種類があります。これはオリジナル。

オリジナルは真ん中に折り目があって半分に折ることが出来ます。半分に折ってサドル下に入れるとほぼ収納出来る感じ。ペラペラの樹脂だからこそ出来る芸当です。

【サドルバッグ】ORTLIEB サドルバッグ L スレート

アニメ「ろんぐらいだぁす!」で西條雛子が付けてるサドルバッグはこれですね。

天気が悪い日にビワイチをしようということになり、合羽などの雨具を持って出かけようとするも、リュックのような背負うものが嫌だったので思い切って購入。サドルの後ろに金具を付けて固定します。さすがORTLIEB、防水性は完璧です。

ORTLIEBのこのタイプはS、M、Lの3種類があり、今後輪行などの可能性も考えてLサイズを購入しました。開口部はクルクルと丸めて留め具でとめるだけ。とても楽であり心配なところでもありますが、走りながら解けたことはありません(200kmほど走りましたが)。バッグの中にネジの頭が飛び出ているので入る荷物が少ない、と思ったら頭の薄いネジに交換することで容量を増やすことが出来ます。そのうち改造することにします。

ちなみに、ORTLIEBのリュックを背負っています。これも完璧な防水で大好き!

【ツールケース】GIANT TOOL CAPSULE

この手の商品はTOPEAKなども出しています。ヴィットリアのツールケースロングが一番長い(220㍉)みたいなんですが、せっかくなのでGIANTで揃えました。

広げてみるとポケット側とチャック側に分かれています。

この中に

  • 予備チューブ1本
  • TOPEAK X-Tool(レンチセット)
  • CO2インフレーター
  • air boneスーパーミニポンプ
  • パナレーサータイヤレバー3本
  • スーパーパッチ

これだけ入れてます(結構ギュウギュウですが)ほぼ何があっても大丈夫です!止水ジップですし防水はバッチリですが結露により水滴はつくことがあります。錆びる心配のあるパーツなどがあればジップ付き袋などに入れるほうがいいかもしれません。

【ジャージ】パールイズミ ベーシックジャージ 600B

ビワイチをするにあたり、ついにピチピチジャージを購入。いろいろ迷ったんですけどまずはパールイズミのベーシックなものをチョイス。ここから次はどうしようか考えることにします。ちなみに買ったのは黒色なんですけどね(写真は白いですが)

ちなみに私、168cmの体重62kg、ウエストはおよそ76cm。決して肥満ではありませんがこのジャージ、Mサイズでぴったりでした。通気性もよさそうだし腰のポケットは3つあってうち1ヶ所はファスナーつきポケットというのがありがたい。

【レーパン】パールイズミ サイクルコンフォートパンツ 2003DE

これもビワイチ用に。レーシングパンツを購入する「はじめの一歩」に最適のものということだったので。安いものは他社メーカーで2000円くらいからあるんですが、まずは「評価の高いもの」を試してみてからのチャレンジにしようかなと。

到着したのでさっそく履いてみましたが、おしりのもこもこ具合がなんとももう(笑)でもベランダに置いてあるロードバイクにまたがるとピタリと落ち着くこの感じ、これは走るのにめちゃくちゃ良さそう。ビワイチでは大活躍してくれました。

【ヘルメット】OGK KABUTO REGAS-2  ブラック M/L

以前使っていたヘルメットが3年を超え、ヘルメットとしての寿命(素材が経年劣化するので3年以内と言われています)だと思い買い替え。日本人の頭の形にあわせた設計で定評のあるOGK KABUTOの中からREGAS-2を選びました。

  • 重量250g(Sサイズなら225g)
  • JCF(日本自転車競技連盟)公認=レースにも出れる
  • 前方内部にAIネット(虫が入らない)
  • フロントバイザー(取り外し可能)雨の日にバッチリでした!
  • 補修パーツ(交換用部品)がきちんと用意されていること

ヘルメットは是非お店で実際の商品をかぶってみるのをオススメします。頭の形とかもありますし、「誰々が絶対オススメって言ってた」から買うというのは危ないです。自分の頭の形状にフィットするものを是非買ってくださいね!

【ヘルメットカバー】ヘルメットカバーホワイト

空気抵抗を減らしたり軽量化するためにヘルメットは穴が空いています。もちろんそのおかげで涼しいのですが、雨の日には頭の中まで雨水が。それを防ぐためのカバーです。ビニール袋などでも代用はできますが、カサカサ音がしますし使い捨て。このヘルメットカバーは薄い布でできていて防水もばっちり、ゴムが通してあるので引っ張って後ろにある金具で固定すれば強風でも外れません。

【CO2インフレーター】TNICO2ボンベセット

これ、なんでボンベにスポンジが巻かれてるのかなと最初思ったんですが、実際CO2を注入する時はかなり冷たくなります。スポンジはそのための断熱材らしいです。それでも手袋をして使うほうが安全です。

【チューブ】SCHWALBE 700x18-28Cチューブ 仏式 40㎜

チューブは常に予備を1本持ってます。クロスバイクを買った時からずっとSCHWALBE一択。いつでもどこでも手に入るので、とりあえずいつも数箱は家に置いてます。パンク修理してるときに筋状のひび割れが見えてきた時には交換することにしています。

【ミラー】Zefal SPY MIRROR

後方の確認用。もちろん目視が一番なんですが、狭い車道でビュンビュン横を車が走っている時に振り返る動作って結構危なかったりします(車からしても)これで仮に目視して確認、その後もういちどしっかり振り向いて確認することが多いです。

  1. 音を聞く
  2. ミラーを見る
  3. 後方の目視
  4. 手信号
  5. 走行ライン変更(停止中の車を避ける等)

こんな感じ。最近のあのハイブリッド車ってホント静かで怖い。知らない間に横にいたりします。ちらりとミラーで補助的に後方確認をするって意外と有効ですよ。ちなみにクロスバイクから始め、今はロードバイクで通勤していますが無事故です。往復15キロほど、年間250日は自転車に乗っていますが「何をしたいのか」を大きめにアピールすることが重要かなと思っています。車に譲ってもらったら「ありがとう」も忘れずに。

 

【ライト】GENTOS 閃355B

これ、自転車にマウントするためのバンドが最初からついてる「自転車専用」ライト。明るさは十分(100ルーメン)、片道20分強の帰り道であれば1週間は軽く持ちます。たまに工場で機械を覗きこむ時に使ったりするのにも小さくて便利。かれこれ4年くらい使いました。

ライトというのは「自分が道を明るく照らして走りやすくする」ことと同じくらい重要な「相手の車や自転車などからの視認性を高くする」という目的がありますからね。ただし自動車を運転している人が眩しくなるような高さにライトを上げちゃダメですよ。自転車のライトでも高性能になると十分車の運転手の目に眩しさを感じますから。

【アクションカム】SJCAM SJ6 LEGEND

ロードバイクで動画撮影などもしたいと思った時にGoProと比較しましたがかなり良いです。

 

この手の商品ではGoProが最も有名だと思いますが、値段は半分で性能的にはあんまり変わらないレベル、これならこっちを選ぶのもありかもしれません。

終わりに

実は終わらない自転車パーツ購入。トルクレンチもほしい。まだまだ続きます。 では良い自転車ライフを!!







おすすめ記事

-ロードバイク, ロードバイクのパーツなど

Copyright© ぬばたまのん.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.