Airtagで自転車の盗難対策!取り付けケースと選び方を紹介

「Airtagで自転車の盗難対策!取り付けケースと選び方を紹介」のアイキャッチ画像

自転車にこっそり取り付けられて外れにくいAirtag取り付け方

先日自転車を買い換えました。グラベルロードバイクというタイプの自転車です。

すでにあちこち走り回って楽しく自転車ライフを送っております。

スポーツバイクは盗難なども多いので、コンビニでちょっと買い物してる間に盗まれてた、なんて話をよくSNSでも見かけます。

大事なものは目を離さないのも大事ですが、万が一のときに探すことができるのが最近Appleが販売を始めた「Airtag」というもの。

4個入なども売ってます。自転車やかばん、鍵などいろいろ付けたい方にはちょっと割安で買えます。

iPhoneとBluetoothで接続することで「そのAirtagがどこにあるか」をAppleの純正アプリ「探す」で見つけてくれるものです。世界中のiPhoneの電波を使って所在地を明らかにしてくれるので失くしものを探すのにとても便利なのです。

たとえば自転車を会社に停めていて、私が営業のために会社から出るとこんな通知を飛ばしてくれます。

「この持ち物は」の後ろには住所が入っています。自転車が自分から離れた場合こういう通知が来ます。

例えば喫茶店でコーヒーを飲んでいるときに自転車が盗まれて自分から遠ざかったときに通知がすぐ飛んでくるのと、いまある場所を教えてくれるので警察に連絡し追いかけることができます。

また、今探してるものがどこにあるかはアプリ「探す」を使うとこんなふうに地図で表示されます。

自転車の盗難には大きく2種類があります。ただの乗り捨てで盗むものと、自転車自体が目的で盗むものです。

乗り捨てて放置されてしまうといつの間にか放置自転車として処分されてしまったり、見つけるのを諦めて買った頃に「自転車が放置されてましたよ」と自転車が戻って来たり。

自転車自体が目的の場合は分解して部品を個人売買などで売られてしまうので一秒でも早く見つけるのが大事になります。

そんなことで自転車にAirtagを取り付けることにしたのですが、取り付け場所がなかなか見つからないのです。平べったい丸いものなので貼り付けたりぶら下げたりはタグ自体ではできません。何か固定するためのパーツが必要になります。

今日はその解決のグッズを購入したのでそのお話です。自転車にAirtagを取り付けたい方はぜひご覧ください。

丸いAirtagは自転車への取り付けが難しい

コインのように平べったいAirtagは穴が空いているわけでも磁石で張り付くわけでもなく、カバーやケースに入れて持ち歩いたりキーホルダーのようにぶら下げる方法が多いです。

最初私もこんなふうに自転車にぶら下げていました。

サドルの下、サドルレールのところにシリコン製のカバーに入れたものでぶら下げていました。

ぶら下げることはできたのですが横から丸見えなので「あ、Airtag付けてる」とちぎって捨てられたらなんの役にも立ちません。

盗難にあったときの追跡のことを考えると、Airtagは「隠れていて見つかりにくい場所」に取り付ける必要がありますね。

その取り付け場所が意外と見つからないのです。

Airtagを自転車にしっかり取り付けたい

通勤のリュックに入れたりお出かけ用バッグにいれたりいろいろやってみたのですが、出かける度に装着するバッグが違うとAirtagを入れ替えなくてはいけません。

ついにはバッグに入れ忘れてしまい、外出先でスマホから探したら自宅が表示される始末(笑)付けたり外したりするのではなく、自転車のどこかにとりつけたままがよいとわかりました。

ただし自転車はガタガタの道などを通るときもあるので、両面テープなどで取り付けるものは知らない間に取れてしまう可能性があります。もちろん落としても見つけることはできるのですが。

そのためのツールはないものかと探したところ、Amazonでそれ専用のものを見つけたので購入してみました。

「AirTag自転車取り付けケース」でドリンクホルダーに固定した

思ったよりも早く到着したので早速開封してみました。

パーツは二分割になっていて、パカッと開けるとAirtagを入れるスペースがあります。上下の穴でボトルケージ用の台座に固定するのです。

さっそく凹みにAirtagを入れてみました。ちょうどよいサイズです。

きちんと採寸されているのでしょう、ピッタリ収まります。Airtagを入れる反対側の丸い部分にはクッションになる素材が貼り付けられているのでカチカチ音がでたりもしません。

この状態でボトルケージとフレームの間に入れたり空いているところにビス止めしたりするわけですが、私も空いているところに固定しておきました。

実際に自転車に取り付けてみました。私の自転車はこんなところにもネジ穴があるので見つけられにくそうで良いです。Airtag自体が防水加工されているのでケース内に水が入ろうが全然構わないのです。

お値段は1800円と若干高いなと思いましたが満足な商品でした。

これはロードバイクやクロスバイクなどなら取り付けできますが、ママチャリや子ども用自転車にはそんな穴があいていません。
そんな方のために新しい商品がその後いくつか発売されていました。

ママチャリや子ども用自転車にも取り付けたい!

これはちょい乗りのママチャリや通勤や通学用の自転車、子供用の自転車などにもすごく良さそうです。

airtagが発売されてすぐは固定ホルダーはなかなか見つからなかったのですが、最近はどんどんと良い形状のものが売り出されています。

サドルに固定するタイプ

 

こちらは実際に購入してみました。

これはサドルの下に2本走っているレール部分に結束バンドで固定するようになっています。

さっそくairtagを入れてみました。ぴったりはまります。airtagを入れたあとはネジがついているフタをくるくると回して締めます。

ネジの精度がしっかりしてたのでギュッと締めると簡単には外れません。2021年10月現在もこれを使っていますが外れたりしたことはありません。

さて、サドルに固定してみました。ぱっと見たらどこにあるかわからないですよね!指で指したここにつけてあります。

サドルを前後に動かすためのレールに固定しているのですが、身長などでポジションが変わるため前後に動かすことがあります。後ろ側に取り付けることもできますが、私の場合サドル後方にバッグをぶら下げることがあるので前側にairtagを取り付けました。

軽量化したい、やはりボトルケージに取り付けたいという方にはこういう小さな商品も。
その後いくつか商品が出てますね。

ここまでの製品はAmazonで買える中国ブランドの商品なのですが、満を持して?マウスやキーボードなどガジェットが得意なエレコムさんからハンドルに装着できるタイプが発売されました。これはAmazonだけではなく楽天やヤフーショッピングなどでも購入可能です。

品質的にはエレコムが一番安心かもしれません。一部のレビューを見ていると他の商品は「違うものが届いた」というものも掲載されていますね。

他にもハンドルやサドル下の棒(シートポスト)に反射材のように取り付けるもの(これほんと良さそうですね)などもありました。

反射板に偽装できるのでAirtagが付いてる、外しちゃえ!ということがなさそうですね。

これは余談ですが、自転車につける鍵、どうしてますか?おすすめは「地球ロック」という地面や柱など地球とつなぐことです。

これはクリプトナイトという世界的にも強度が強いとされているU字ロックとワイヤーのセット。これで柱やフェンスなど頑丈に固定されているものに縛り付けてしまいます。

コンビニなどでさっと戻ってくるならこのくらいのワイヤー鍵でも良いかと思います。私もこれを愛用しています。番号を自分で決められること、軽量なので持ち運びも楽です。

複数鍵をつける、盗もうとすると目立つ場所に置く、防犯アラームとセットするなど方法はいろいろありますよ。

追跡グッズとしてAirtagはどうなのか

Airtagを取り付けてから幸いなことに盗難などにあっていないのですが、実際取り付けてみてどうなのかを書いてみます。

私は自転車を通勤にも使っていて、一般社員の自転車置き場にではなく社内の倉庫に置かせてもらっているのですが、広大な敷地なので入ろうと思えばどこからか侵入することが可能だったりします。

出張で数日自転車を置きっぱなしにして社用車で出かけてしまうこともあり、自転車を置きっぱなしで数日過ごすこともあります。

そういうときにふと「僕の自転車は元気だろうか」とAirtagで探してみたりすることも。

きちんと会社の地図と場所が表示されますし、誰かのiPhoneが近くを通ったときに位置と時間を特定してくれるので「最終○時にそこにあった」というのを確認することができます。

ロングライドやポタリングなどで自転車に乗っている時のちょっとしたトイレ休憩や食事などで離れるときにもすぐiPhoneで位置を確認することができるので本当に便利です。

取り付けようか迷っている方、自転車の盗難防止グッズが高いなと思っている方にはAirtagは良いのではないかと思っています。