Airtagで自転車の盗難防止!取り付けグッズを購入してみた

「Airtagで自転車の盗難防止!取り付けグッズを購入してみた」のアイキャッチ画像

自転車にしっかり取り付けられて外れにくい、まさにベストなパーツを発見

先日自転車を買い換えました。グラベルロードバイクというタイプの自転車です。

すでにあちこち走り回って楽しく自転車ライフを送っております。

スポーツバイクは盗難なども多いので、コンビニでちょっと買い物してる間に盗まれてた、なんて話をよくSNSでも見かけます。

大事な自転車を盗まれないように目を離さないのも大事ですが、万が一のときに探すことができるのが最近Appleが販売を始めた「Airtag」というもの。

鍵につけてアレにつけてコレにつけて・・・と4個セットも売ってます。

iPhoneとBluetoothで接続することで「そのAirtagがどこにあるか」を見つけてくれるものです。世界中のiPhoneの電波を使って所在地を明らかにしてくれるので失くしものを探すのにとても便利なのです。

これを盗難にあったときの追跡用に取り付けることにしたのですが、取り付け位置でしばらく悩んでいました。

今日はその解決のグッズを購入したのでそのお話です。

2つ購入したのですが、一つはボトルケージ用のネジで固定するタイプ、もう一つはサドル下に固定するタイプです。ご自分の自転車に合わせて購入すると良いと思うのでぜひ御覧ください。

丸いAirtagを自転車のどこに取り付けるか困った

コインのように平べったいAirtagは穴が空いているわけでも磁石で張り付くわけでもなく、カバーやケースに入れて持ち歩いたりキーホルダーのようにぶら下げる方法が多いです。

最初私もこんなふうに自転車にぶら下げていました。

サドルの下、サドルレールのところにシリコン製のカバーに入れたものでぶら下げていました。

しっかり固定していたので外れたり失くしたりすることはなかったのですが(これで失くしていたら本末転倒なのですが)、自転車からぶら下がっているのが丸見えなので「あ、こんなものがついている」と捨てられたらどうしようもないのです。

盗難にあったときの追跡のことを考えると、Airtagは「隠れていて見つかりにくい場所」に取り付ける必要がありますね。

それが意外と見つからないのです。

Airtagを自転車にしっかり取り付けたい

トップチューブバッグに入れたりサドルバッグに入れたりいろいろやってみたのですが、出かける度に装着するバッグが違うためAirtagを出したりしまったりしなくてはいけません。

ついにはバッグに入れるのを忘れてしまい、外出先でスマホから探したら自宅が表示される始末(笑)付けたり外したりするのではなく、「常にどこかに固定するのが良い」とよくよくわかりました。

そのためのツールはないものかと探したところ、Amazonでそれ専用のものを見つけたので購入してみました。

「AirTag 自転車 取り付け ケース」です。ネーミングとしてはそのままですよね!

「AirTag自転車取り付けケース」を取り付けてみた

思ったよりも早く到着したので早速開封してみました。

パーツは二分割になっていて、パカッと開けるとAirtagを入れるスペースがあります。上下の穴でボトルケージ用の台座に固定するのです。

さっそく凹みにAirtagを入れてみました。ちょうどよいサイズです。

ABSという樹脂で出来ているのですが、樹脂表面に細い筋がスーッと走っているのが見えますか?

これは成形品で大量生産されているのではなく、機械を使って一つづつ削り出して作っている証拠。お値段は少し高めでしたが大量生産品ではない、というところで納得しています。

きちんと採寸されているのでしょう、ピッタリ収まります。Airtagを入れる反対側の丸い部分にはクッションになる素材が貼り付けられているのでライド中にもバタついたり異音がしないよう工夫されていますね。

ではフタを締めてみました。ぴったりハマります。

この状態でボトルケージとフレームの間に入れたり空いているところにビス止めしたりするわけですが、私も空いているところに固定しておきました。

頭の低い首下20ミリの六角ネジが付属品としてついているのですが、丁寧にもステンレスボルトでした。六角のサイズは2.5ミリです。ボトルケージ+このケースを止めるには20ミリでは足りないので、首下30ミリ以上のボルトを合わせて購入しておくほうが良いでしょう。

実際に自転車に取り付けてみました。

私の自転車はグラベルロードということもあってボトルケージ用の台座がたくさんあるのこんな場所に取り付けてみました。

AirTag自体が防水になっているのでこんな場所でも問題ありません。水がかかろうが泥がつこうが別に構わないのです。

横から見てみました。厚みは1.2cmなので干渉したりはしにくいですが、ボトルケージをこの上に付ける場合はネジの長さは注意が必要です。走行中に外れたりすることの無いようにしたいところです(探せばアプリで見つけられますが…)

AirTagは機能するか実験してみた

無事固定できたものの、カバーに入ってしまって電波を関知しない、となると使う意味がなくなってしまいます。

とりあえずいますぐ目の前にあるのですが、探してみることにしましょう。

iPhoneの「探す」アプリを立ち上げてみます。すでに「BIKE」として登録が済んでいるので表示されるはずですが・・・

自宅の地図と同時に自転車を見つけてくれました。

ケースの中に入れてあってもきちんと電波を拾ってくれているようです。これなら外出した先でもしっかり反応してくれるでしょう。

お値段は1800円と若干高いなと思いましたが削り出し品であり大量生産していない分素材もしっかりしているし満足しています。

ABSという素材は強度も強く太陽や雨などでも劣化しにくいので長い間活躍してくれるはず。良い買い物をしたと思います。

サドルに固定するタイプのケースを発見!SHEAWA AirTag対応 マウントホルダー

Amazonをプラプラ見ているとこんな商品を発見、これも良さそう!

サドルレールに装着するタイプ!

こちらも購入してみました。これはサドルの下に2本走っているレール部分にケーブルタイ(結束バンド)で固定するようになっています。

入っていたパーツの写真です(airtagはついていません)ケーブルタイ4本と本体(本体、本体フタ)でできています。実際に使うケーブルタイは2本なので残り2本は予備ですね。

さっそくairtagを入れてみました。ぴったりはまります。airtagを入れたあとはネジを切ってあるフタをくるくると回して締めます。

ネジの精度がしっかりしているのでギュッと締めると簡単には外れません。振動でも大丈夫だと思います。

さて、サドルに固定してみました。ぱっと見たらどこにあるかわからないですよね!指で指したここにつけてあります。

サドルを前後に動かすためのレールに固定しているのですが、身長などでポジションが変わるため前後に動かすことがあります。後ろ側に取り付けることもできますが、私の場合サドル後方にバッグをぶら下げることがあるので前側にairtagを取り付けました。

軽量化したい、やはりボトルケージに取り付けたいという方にはこういう小さな商品も出ているようです。

私が買ったものよりもコンパクトになっていますね。ロードバイクなどで軽量なものを探している方はこちらのほうが良さそうです。

追跡グッズとしてAirtagはどうなのか

Airtagを取り付けてから幸いなことに盗難などにあっていないのですが、実際取り付けてみてどうなのかを書いてみます。

私は自転車を通勤にも使っていて、一般社員の自転車置き場にではなく社内の倉庫に置かせてもらっているのですが、広大な敷地なので入ろうと思えばどこからか侵入することが可能だったりします。

出張で数日自転車を置きっぱなしにして社用車で出かけてしまうこともあり、そういうときは自転車を置きっぱなしで数日過ごすこともあります。

そういうときにふと「僕の自転車は元気だろうか」とAirtagで探してみたりすることも。

きちんと会社の地図と場所が表示されますし、誰かのiPhoneで位置を特定してくれるので「最終○時にそこにあった」というのを確認することができます。チェックしてみると社内に誰もいない時間に更新されていることもあり、社外を通った方のiPhoneで認識してもらっているようです(道路から10mくらい離れていますが)

もし盗難にあったとしてぜんぜん違う所にあることがわかれば警察に連絡して同行してもらうつもりですし、一人で追跡して危険な目にはあわないようにしたいものです。

ロングライドやポタリングなどで自転車に乗っている時のちょっとしたトイレ休憩や食事などで離れるときにもすぐiPhoneで位置を確認することができるので本当に便利です。

取り付けようか迷っている方、自転車の盗難防止グッズが高いなと思っている方にはAirtagは良いのではないかと思っています。