自転車ライドにミラーレスを持っていきたい!良い方法は

「自転車ライドにミラーレスを持っていきたい!良い方法は」のアイキャッチ画像

ロングライドでたすき掛けはちょっと疲れるという方に

グラベルバイクにのりあちこち出かけるのがすごく楽しいブログ管理人です。

2022年の秋はちょっと近くまで紅葉を見に行ってきました。

せっかくの景色を楽しむなら写真にも撮りたいところ。

スマホでもいいんですが使ってるミラーレスを持っていくことが多いです。

今使っているのはOLYMPUSのミラーレスOM-D Em5 MarkII。

コンパクトでレンズのチョイスで防塵防滴のミラーレスです。

これに今までは忍者ストラップを使用してたすき掛けしていました。

ちなみにPeak Designのアンカーリンクスを使うと着脱がすごく楽ですよ😉

さて、こうしてたすき掛けで走っていたのですが、景色がいいところは山のちょっと高いところにあったりで坂を登るときのダンシングでカメラが邪魔になったりします。

また、ロングライドのときはしばらくカメラを使わないのでカメラを背負わず楽に走りたいな、と。

そんなときにすごく便利なバッグがあったのでご紹介します。

着脱が簡単、完璧防水のORTLIEBのバッグ

ドイツのブランド、ORTLIEBは完全防水と堅牢で高評価です。

私もいろいろと使ってきました。

そして最近買ったのがフロントフォーク部分に取り付けるフォークパックと呼ばれるもの。

コーヒーライドなどに持っていくのに良いかと思い買いましたが、これがまさにミラーレスを入れるのにもぴったりなサイズでした。

さすがにそのまま放り込むのもどうかと思うので、カメラ用のクッションケースに入れます。

大きさがぴったりなのでフォークパックに入れてもまだ余るくらい。

クッション代わりに下部にスポンジを入れたり、予備レンズなどを入れても十分余りますよ。

取り付けはフォークに取り付けた金具にぱちんとはめるだけの簡単セッティング。

このバッグは溶接されているのでミシン目などから浸水するようなこともなく、上部はロールクロージャータイプなので丸めて止めるだけ。

取り付けるとこんな感じ。

ハンドルを取られることもないし、視界の前にあるのでサドルバッグなどに入れて「もし無くなってたらどうしよう」なんて不安にもなりません(笑)

興味が出た方、ぜひチェックしてみてください!