御朱印帳の買い方や選び方、ぜひご朱印巡りをはじめてみよう

「御朱印帳の買い方や選び方、ぜひご朱印巡りをはじめてみよう」のアイキャッチ画像

御朱印めぐりの本当の意味を知り、失敗しない御朱印帳選びのポイントをお教えします

この記事を読んでくださった方はきっと「御朱印めぐり」に興味を持ったか「集印帳または御朱印帳」に興味を持たれたのだと思います。

そしてこんな疑問を持ったのではありませんか?

御朱印帳、御朱印めぐりの疑問

  • 流行ってるけどそもそも御朱印めぐりってなに?
  • どんな御朱印帳を買ったらいいの?
  • マナーややってはいけないこととは?
  • 御朱印帳はどこで買うのがいい?
  • 御朱印のもらい方や保管方法は?

このあたりの疑問に答えながら御朱印帳のことや御朱印めぐりの参考にしてもらえたらと思います。

私ですか?私は御朱印帳に関しておそらく日本一詳しいブロガーではないかと思っています。

この記事で「御朱印めぐりというのはどういうもので、御朱印帳を買うときはどんなことに気をつけて買ったらいいのか、寺社で御朱印をいただく時に気をつけたいマナーやルール、そして自宅に持ち帰ってからの保管方法」などをまとめてみたいと思っています。

キラキラする御朱印帳の写真を載せるわけではありませんし、スタンプラリーのように「いっぱいもらった」自慢をしたい方はぜひ他のページをご参考になさってください。そういう興味の答えはここには書いていないのです(すみません)

本当の意味での「御朱印めぐり」の良さに気づいてもらえる方が一人でも増えたらいいなと思い記事にまとめたつもりです。どうぞご覧ください。

流行ってるけどそもそも御朱印めぐりってなに?

ではまず「御朱印めぐり」がどのように始まったかをご説明しましょう。

昔の人たちは祈りや願いを持ったとき、寺院に写経したものを納める「納経(のうきょう)」や声をだしてお経を唱える「読経(どきょう)」を行っていました。

納経した時に「間違いなく受け取りましたよ」という印の納経印をいただく事ができるのですが、それを専用の「納経帳」というものに書いてもらい記念として大切に保管していました。

それが寺院だけではなく神社などにも広まり「参拝記念として」御朱印を書いてもらうことになったものです。

「記念スタンプ」とは違い、寺社の職員や僧侶、神職、氏子などが押印する。単に印を押すだけでなく、その下に墨書で寺社名や参拝日などが書かれ、その墨書も含めて「朱印」と呼ばれる。近年では寺社名や本尊を墨書せずに、寺社名や本尊の入った印章(スタンプ)を押す、あらかじめ書き置きした別紙、墨書を複写した別紙を、渡されるもしくは貼り付けられる寺社もある。

朱印 (神社仏閣) – Wikipedia

寺社によって御朱印もそれぞれです。丁寧に一筆ずつ丁寧に書かれるところもあれば、スタンプをポンとおして日付を筆ペンで書かれるところもあります。

お坊さんや神職の方が書かれているところもあれば、事務所の裏でこっそり高校や大学の書道部の方のアルバイトに書いていただかないと間に合わないほど忙しいところも。(それが悪いとは私は思いません)

そんな御朱印をもらうための御朱印帳は最近のブームもあってたくさん売られています。鳩居堂さんや伊東屋さん、榛原さんなど和文具のお店にはもちろん、東急ハンズや一般文具屋さんでもいろんな種類の集印帳を扱っています。

色も花柄からストライプ、無地のものまで本当に種類が増えました。昔は紺色か茶色の布が表紙に使われていて、どちらかというと「地味な」ものだったのですが。かわいいもの、きれいなものが本当に増えました。

御朱印めぐりがブームになって変わったこと

ほんの4-5年ほど前。集印帳というのはお年寄りや信心深い方がお寺や寺院にお参りするときに御朱印を頂くためのものとして細々と作られていました。お経の本のように蛇腹折りしてあって、ちょっと変わったノートを持ちたい女子がたまに買っていたかもしれません。それくらいのものでした。

最近ではそんな「さっと広げられる面白さ」からマインドマップを書いてみたり、寄せ書きをしてプレゼントしたり、旅日記をしたためる、という使い方をされる方もおられるようです。

そんな朱印帳がブームになったのがここ3年ほど。山ガール、釣りガールのようにアウトドアに出かけていく女性が増えました。パワースポットだとかいうことで神社やお寺にお参りに行く人も増えました。せっかく参拝したんだ、なにか記念になるものをということで御朱印に目がついたのでしょう。

それが御朱印ガール、御朱印めぐりブームの始まりです。

「~神社の御朱印がかわいい」などSNSで拡散されるとあっという間に参拝者が集まります。もちろんお参りしてもらえる神社なども収入が増え喜びます。参拝記念グッズが神社やお寺の収入になるので、オリジナルの集印帳を作る神社なども増えだしました。

最近は色々なメーカーが新規参入して「流行商品」だということで商品を作っていますが、中には正直「え?」というものもあります(あとで説明します)。通販で流通している御朱印帳の一部は【中身は外国で大量につくらせ、外側の表紙を日本で貼り合わせて日本製】とうたっているものがあります。

神社やお寺で書いてもらう御朱印だからこそ、しっかりした集印帳に頂きたいものです。逆に、お寺や神社にペラペラのノートのようなものを渡して「御朱印下さい」などというと断られることもあるのでお気をつけ下さい。

スタンプのように押印するタイプの御朱印なら頂けるかもしれませんが、筆でしっかりと書かれる場合は紙が墨を吸わず、ベタベタになってしまいますので寺社も断ったりするのです。

どんな御朱印帳を買ったらいいの?

いろんなお店で見かけるようになった御朱印帳。どんなものを買うのがいいか迷ってしまうかもしれません。自分にあった一冊を選ぶために参考になることをまとめてみますので是非ご覧ください。

御朱印帳にはいろいろな種類のものがあって購入する時に迷ってしまう、ということがあると思います。大きく分けると違いは2つ、「見た目」と「品質」にあります。この2点を説明してみましょう。

御朱印帳の見た目の違い

御朱印帳の大きさを含む見た目は違いがわかりやすいですよね。大きさは大体この4種類くらいに分けることができます。今の流行は特大サイズで、最近は特大サイズの倍くらいのものも人気が出つつあります。

御朱印帳のサイズ、山数について

◆特大サイズ 120×180 11山
◆大サイズ  106×160 11山
◆中サイズ   90×160 11山
◆小サイズ   90×120 11山

「11山」というのは中の紙の山の数で、本で言えばページ数のようなものです。蛇腹のように折られた紙に書いていく御朱印帳が多いと思うのですが、その表面に11面、裏面に11面の合計22箇所の御朱印をもらうことができるものが多いです。

と書いてもわかりにくいですよね(笑)絵にしてみましょう。

これが11山の御朱印帳です。赤いものが表紙、中の紙が11山になっているのがわかりますか?

山の数で11山、13山のものがほとんどですが、一部のお寺や神社ではもっと多いところのもあります。奇数にしないと開いたとき「w」のように開いてしまうこともあり奇数の山数になっています。

外側には木や布、紙で作られた表紙ができていて、友禅柄であったり無地であったり花柄だったりと様々なバリエーションがあって迷ってしまうと思います。

表紙が可愛い、値段が安いなどの理由で買ってしまうと、中が普通のノートに使われるようなペラペラの紙のものだったりすることもあるので注意してください。

ペラペラの紙に大筆で御朱印をいただくと「いつまでも墨が乾かずベトベトで卒業証書をもらって戸惑ってる小学生」のように乾くまで御朱印帳を閉じられず右往左往する羽目になることも。

書いてもらう時に寺社の方に「うわ、これに書かなきゃいけないのか」という顔をされることにもなります。これが品質のお話です。

御朱印帳の品質には大きな違いがある

多くの朱印帳は外側の「表紙」とじゃばら状になっている「中紙」でできています。

表紙は硬いボール芯の外側を布や紙でくるんでいるものが多いです。安いものはボールを薄いものにしてコストダウンを狙います。最近の流行の表紙は寺社がオリジナルで写真や刺繍などをしたもの、友禅紙や花柄など女性を意識したものですね。これについては品質にはさほど影響がありません。本でいえば外側の表紙、表紙カバーの部分ですから。

でも大事なのは中紙。ここで大きく違いがでます。本物の朱印帳は「朱印帳専用に漉かれた奉書紙」を使っています。墨汁をしっかり吸うため紙自体が分厚く、裏写りしないように二重になっています。また、紙によっては多少のにじみ止めを入れることでくっきりした御朱印にしてくれるものもあります。
価格勝負の商品は「薄っぺらい奉書紙、またはノートのような洋紙」を使うので墨で書いたとたんにベタベタ、裏写りしてしまった上に乾かずたたむこともできない、なんてことになりますのでご注意。

御朱印帳を買うときは見た目で買うのではなく、中のじゃばらになっている紙を触ってみてふっくらと分厚いものを選ぶのが一番良い方法です。

価格差はここに出てきます。御朱印帳の値段のうち半分以上は中の紙の値段と中の紙を加工するときの値段です。ここをしっかりチェックしてください。

表紙を作るのはそれほど難しくありません。硬い紙を布か紙でくるむだけですから。しかし、じゃばらの部分を作るのはまさに職人仕事、熟練の作業です。

これは朱印帳を横から見たところ。折りたたまれた部分がまっすぐですよね。ここが大事です。これが斜めになってたり凹凸があると「上の表紙と下の表紙が歪んで取り付けられている」作業が粗い証拠です。

簡単にいえば朱印帳が立たない、という感じ。見た目にも歪んで見えますし、歪んだものを無理やりまっすぐにして保存しようとすると中紙の一部に負担がかかって破れたりします。

その他、表紙に貼られている表題(白い紙)が歪んでいたり、表紙の紙の中にゴミが入り込んでいたりするものも。買うときにチェックをオススメする部分です。

最近では通販で買うこともできるので実物を見ることができないので良いものかどうかがわからない、という方もおられるでしょう。では「もっとも失敗しない御朱印帳の買い方」をお教えします。

御朱印帳はどこで買えばいいの?

寺社で「オリジナル御朱印帳」を購入するのが間違いのない買い方です(はっきり)。もちろん文具店や東急ハンズのような量販店でも購入することができますが、当たり外れがあります。

何冊も購入して目利きができるようになったらそういうお店で買ってみるのも良いでしょう、信頼のブランドの商品もあります。

初心者で何を買ったら良いかわからない、というのなら是非参拝した寺社で売っているものを選びましょう。

寺社で集印帳を買うのをお勧めする理由、それは

一つ目、紙が間違いないから。
二つ目、表紙がしっかりしてるから。
三つ目、品質の割に値段が安いから。

一つづず説明してみますね。

中紙が間違いないから

さきほど書いたように、御朱印帳の中で一番大事なのは中身の紙です。寺社で押印を頂いたり御朱印を書いて頂く部分ですので、薄いノートのような紙であればいつまでも乾きません。寺社によっては「この紙には書けません」と返されることも。

ある有名な神社で、参拝客が神社の方に御朱印を断られたことがあったようです。「こんな御朱印帳に書けるか!」とまで言われたとのこと。

  • お寺と神社の御朱印を混ぜたのではないか
  • 御朱印帳が書きにくいものだったのではないか
  • 紙質が悪く書きにくかったのではないか
  • 極端に小さい、極端に大きかったのではないか

このあたりに理由があるのではないかと考えます。これらのなかでも原因として最も考えられるのが御朱印帳の商品としての出来の良さです。書道用品を扱うお店に行くとよくわかると思いますが、紙には沢山の種類があります。墨をよく吸うもの、吸いにくいもの、厚いもの、薄いものなど実にさまざまです。

本来、集印帳の中身として使われるものは厚口の奉書紙が多く使われています。ただ、年々和紙の産地は縮小傾向にあるので、生産が間に合わないところもあります。そして値段が当然のように高くなっているのが現状です。安く流通させようとすると「少しでも安い材料をつかってそれらしく作る」ことになります。すると残念なことに二流品、三流品の紙を使うことにもつながるでしょう。

しかし、寺社で販売している集印帳というのは、寺社で実際に書かれている人のチェックとプライドが入った商品です。「これは書きやすい、書きにくい、集印帳に適している不適である」というチェックが入った紙を使うことになりますので、商品として間違いが少ないのです。

そしてもう一つ、寺院としてのプライド。値段うんぬんよりも寺社がプライドを持って販売する商品だからこそ失敗がないのです。

表紙が個性的!しっかりしているから

集印帳の外側には布や紙でできた「表紙」と呼ばれるものがついています。これは集印帳を保護する目的からデザインなどに凝ったオリジナル集印帳としてPRするためのものにもなりつつあります。

大事に扱うものだから、本当は数百円高くても良い物を持って欲しいと思うのです。寺社で販売しているものはその「寺社で売る自信のある集印帳」という安心感があります。是非一度手にとって見て下さい。

僕が一番好きなのは京都、建仁寺さんの御朱印帳。

大判のサイズにやや漂白していない黄色がかった生成りの奉書紙、紙はふっくらとして分厚く、墨の吸い込みが実に見事、一流の紙すき職人の手によって透かれているのが想像できます。

通販などでは手にはいらないので、是非京都に来たときに手に入れたい一品です。

お寺に売ってる御朱印帳は値段が安いから

よくある文具の流通経路はこんな感じです。

製造メーカー→卸店→文具メーカー→小売店。場合によっては卸店の後ろに一次店、二次店というものが入ったりもします。

たとえば1000円で製造メーカーが売ったものが小売店に届くまでに3割づつ利益を確保されていくとすれば、1000×1.3×1.3=1690円、それに小売店が3割以上のマージンを取って販売します。ところが。

通常、寺社で扱うものというのは製造メーカー→寺社御用達商店→寺社という流れが多いです(すべてではありません)。このように間に入る会社が少なくなる分、値段もある程度抑えられた上で良質な集印帳が手に入りやすいということです。

マナーややってはいけないこととは?

有名寺社なら御朱印をもらうのに数時間待ち等が当たり前になりつつあります。

もともとは参拝する前に集印帳を預けておき、参拝を終えて帰る時に御朱印をもらって帰るというものが多かったのですが、本来の目的を忘れてスタンプラリーのように少ない時間でちょっとでも沢山の御朱印を1日の巡礼で貰おうと走り回るご朱印巡りをする方がいるといいます。

なんと並んでいる人を押しのけてでも御朱印を求める人がいるそうです。バス旅行などで時間を区切られていると起きるトラブルも多いようです。時間にゆとりを持った参拝を心がけたいものですね。

A寺さんは1時間しかいられない、でも混んでいるので2時間待たないと御朱印をもらえない。そこでお寺の方に「1時間しかいられないんだから今すぐ書いてよ!!」などと詰め寄る人までいるのだとか。まさにスタンプラリー、記念品の感覚です。こんなところに「旅の恥はかきすて」を持ってこられると寺社も困ってしまいますね。

もちろん、これまで閑散としていた寺社に参拝客が増え、お参りしていただくことは寺社にとっては嬉しいことです。参拝する人も寺社の歴史にふれたり近所の観光地にまで足を向けたりすることで、疲れた心が休まる効果もきっとあるでしょう。

もう一つ、御朱印帳はできることなら神社とお寺は分けていただくほうが良いと思います。お寺はあまり気にされませんが、一部の神社ではお寺と神社の御朱印を混ぜるのをかなり嫌がられるとのこと。格式の高い神社では断られることもあるようです。

あまりマナーで細々したことを載せるのは良くないとは思うのですが、この2点は気をつけていただければと思います。

御朱印のもらい方や保管方法は?

寺社によって違いがありますので参拝時にお聞きするのが一番間違いがありません。

人気の寺社では参拝前に御朱印帳をお渡ししておき、参拝後に取りに来るよう言われることが多いようです。参拝している間に書いておいていただけます。

(京都の一部の神社では書道部の学生さんが必死で書いているとの話が。猫の手も借りたいほどだそうです)それを私は悪く思いません。筆の苦手なお坊さんや神主さんもおられますので。書いていただくことが記念になるものですから。

書いてもらったばかりの御朱印は墨で湿っています。あまりビニールなどで密封するのはやめておきましょう。カビの原因にもなりますし、紙にもよくありません。

直射日光のあたらないところで墨の水分が抜けるまでそっと保管しておきましょう。神棚に置くのをおすすめされることもありますが、そのくらいの気持ちで大事に扱えれば神棚ではなくてももちろん構いません。

洋紙は100年、和紙は1000年ともいわれるように和紙は寿命が長いですがぜひ大事に保管してください。

集印帳、御朱印帳についてのまとめです

要するに「見た目で買うとあとでがっかりしますよ」ということです。最近の寺社は独自のデザインの集印帳をつくったりしていますので、いい記念にもなります。

ただ、できるだけお寺と寺院は分けて御朱印をいただくようにしましょう。お寺はあまりこだわらないようですが、一部の神社では明確に「寺院と同じ御朱印帳」をお断りするケースがあるそうです。

これから御朱印めぐりを始めようという方はぜひ始めてみて下さい!

凛とした雰囲気の寺社の空気に触れ、寺社の歴史や風景、たまにはその周りのグルメなども楽しみながら休日や趣味を過ごすことは本当に素敵なものです。そんな御朱印めぐりの参考にしていただければ幸いです。