iPhoneSE2をワイヤレス充電する方法、安価から高速充電まで紹介

iPhoneSEを安くワイヤレス充電、高速かどうかで値段が変わる

※とりあえず安いのでいいからワイヤレスにしたい!という方はこちらがおすすめ。意外に高評価でただいまAmazonで☆3.9、評価は2300超え。これはサクラではちょっとできない数字ですね。知らないブランドが怖い、という方はAnkerが安心品質2000円。5ミリくらいならカバーがついたままで充電できます。

急速充電でワイヤレスにしたい、という方は続きをどうぞ~

先日までiPhone7をずっと使い続けてきたのですが、いよいよバッテリーがだめになり買い換えようかバッテリーだけ変えようか悩んでいたところに発売になったのがiPhoneSE。

予約開始の時間前からパソコンの前に陣取り、無事発売日にゲットしました(Appleに注文、SIMフリーです)

今回のiPhoneSEは3色、黒、白、そしてこのプロダクトレッドです。

実際に使いはじめて5日ほど経つのですが、正直なところ7と大きな違いはありません。

  • 大きさはiPhone7、8と同じ4.7インチ
  • 顔認証はなくタッチボタン(指紋認証)
  • 防水、イヤホンジャックなし

しかし処理速度はiPhone11Proに使われているA13 Bionicを採用したことで大幅にアップしたし、wi-fiもwi-fi6にも対応するようになりました。7よりもサクサク感は間違いなくアップしているし指紋認証の効きも良い気がします。

さて、そんなiPhoneSEでどうしてもやりたかったことがワイヤレス充電。

iPhone7にはまだ採用されていなくて、使っている人を見るたびに羨ましく見ていました。そして自分が新しいiPhoneを買ったら是非使いたいなと。

ケーブルを踏んでしまったりで3本ほど買い直しましたがワイヤレスがメインになればそれも無くて済むでしょう(そもそもiPhoneSEについていたケーブルとアダプタはそのまま使わずしまったままですが)

ということで購入したのはアメリカAnker社の急速充電器とワイヤレス充電器です。

ケースに入れたまま急速ワイヤレス充電できる

購入したのはこちらとこちら。2つそろってこそワイヤレス+急速充電できるようになります。

立てかけるタイプの充電器のほうだけでもワイヤレス充電はできますが急速には対応できません。

2つ足しても4000円ちょっとで急速ワイヤレス充電できるのは嬉しいものです(毎日コードを刺すのがすごく面倒くさかったのです)。

こっちがAnker PowerWave 10 Stand、スタンド式の充電器です。

USBケーブルで充電器に繋ぎます。大きさは高さがiPhoneより1センチくらい小さいくらい。

そしてこちらがAnker PowerPort+ 1 、18Wに対応した高速充電器です。

さきほどのワイヤレス充電器のケーブルはUSBなのでパソコンやノートパソコン、普通のスマホ充電器に差し込むこともできますが、それでは高速充電をすることができません。

iPhoneSEに同封されているコンセントに挿しても高速充電はできないのです。そこでAnker PowerPort+ 1の出番です。

これを使うとiPhoneSEでは最も早い12Wでの高速充電が可能になるのです。コンセントにAnker PowerPort+ 1を差し込み、USBケーブルでAnker PowerWave 10 Standとつなぎます。

 

年中パソコンを使うのでパソコンの電源に差し込みセット完了です。

当然なのですが、おいただけで充電を開始します。

昔のワイヤレス充電器はカバーを外す必要があったそうですが、この充電器は薄いカバーなら大丈夫、5ミリ未満のケースで金属製であったり磁気を帯びたものがないようにしてくださいと注意書き。

私は安い透明のカバーを付けていたのでそのまま置くだけで大丈夫でした。

この手の透明ケースはどうしても紫外線劣化で変色し黄色っぽくなってきますので、安いものを変色しだい買い換えるようにしています。

1年づつくらいで交換しているような。

iPhoneユーザーには充電しながら動画や映画を見たいという方もおられるようで横向けでもちゃんと充電できます。

充電中は充電器の下の部分に青い○が点灯するので充電しているかの確認もしやすいです。

さすがの高速充電、スピードも満足だった

15時30分に充電を開始したときが45%、今ちょうど1時間が経過したところですが87%まで充電されています。

この製品のウリ文句「Quick Charge 3.0」にアップル製品は該当しないのですが、最大5V×2.4A=12wで充電できますね。

そして15分後の16時48分で95%まで。置いておくだけで充電できるには十分なスピードだと思います。

対応機種も多く安心のAnker製

Amazonのページに対応機種が載っていました。

対応機種:

10W出力急速充電: (QC 2.0 / 3.0対応ACアダプター使用の場合)

– Samsung Galaxy S10 / S9+ / S9 / S8 / S8+ / S7 edge / S7 / S6 edge+

– Samsung Note 9 / Note 8 / Note 7

7.5W出力急速充電: (QC 2.0 / 3.0対応ACアダプター使用の場合)

– iPhone 11 / 11 Pro / 11 Pro Max / XS / XS Max / XR / X / 8 / 8 Plus

5W出力急速充電: (5V / 2A ACアダプター使用の場合)

– 他Qi対応スマホまたは機器

– Pixel 4 / Pixel 4XL / Pixel 3 / Pixel 3XL(スクリーンには「低速充電です」の表示がでます。)

iPhoneSEは載っていませんが登場前に作られた商品なのでしょうがないかなと。特に問題なく動作しています。

もともとAnkerの製品はモバイルバッテリ3つ、ケーブルはいくつ買ったかわからないくらい持っていますがとくに不満なく使えています。

充電ケーブルが面倒くさいあなたへぜひ使ってほしい

iPhone6や7がそろそろ限界だという方、iPhoneSEは安いだけではなく性能的にも十分です(笑)見た目はあまりかわらず、中身だけが高スペックになっている感じです。

このワイヤレス充電は本当におすすめ。ケーブルをささずに寝落ちして翌朝慌てる必要がありません。ただし、必ず充電器にセットしてから寝てくださいね(笑)間違いそうで不安な方は最新型のこちらのセットをどうぞ。

自動車でも使えます。シガーソケットから電源を引っ張ってもらえば大丈夫です。

iPhoneSEにガラスフイルムを貼ったらフチが浮いてしまった!!

あこがれのワイヤレス充電ができて喜んでいたのに、せっかく買ったガラスフイルムのフチがどうやっても浮いてしまうのです。

私の張り方が悪かったのかと思いきやiPhoneSE全体の問題だったようで返品申請し返金してもらいました・・・

同じ症状の方がおられたらこちらをどうぞ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です