カフェモカはコーヒーとココアを混ぜたものだと知らなかった話

「カフェモカはコーヒーとココアを混ぜたものだと知らなかった話」のアイキャッチ画像

カフェモカとコーヒーの違いがわからなかった私

さて先日、仕事が忙しかったこともあり、入浴したら浴槽でウトウトして溺れかける始末。

風呂上がりにはコーヒーを入れて眠気を覚まそうとしてつい間違って「ココア」をコップに一杯おもいっきり入れてしまいまして。

瓶に戻そうかと思ったら・・・マグカップが湿っていたので戻したらココアがすべて湿気ってしまう。かといって捨てるのも惜しいし、ココア+コーヒーでもまぁ美味しいのではないかと思ってコーヒーをスプーンに2杯(通常通り)追加。なんとなくホットで飲むことに。

・・・・おいしいやん、これ!ココアのホンワリ感とコーヒーの苦い感が合わさってなかなかこれはうまい。

この組み合わせはもしかして世界のコーヒー愛好家に革命を起こすかもしれないと僕は考えたわけです。でも、もしかしたら絶対音感みたいな「絶対舌感」の人がどこかにいてこのコーヒー+ココアの組み合わせをどこかで紹介してしまってるかもしれない。

カタカタカタカタ・・・・(Googleで検索する音)

「それ、カフェモカのこと」(Google神の声)
「またはモカジャバともいう」(Google神の声その2)

そ、そ、そうか・・・。全世界に発信する前で良かった。

「なあ、コーヒーとココアを足して飲んだらめっちゃおいしい。これをサキコーヒーと呼ぼう」とかブログに書いたら間違いなく恥ずかしいことになっていたところでした。

知ったかぶりはいけません。あとで恥ずかしいことになりますね。

カフェモカというのはエスプレッソにチョコレートシロップ、スキムミルクを混ぜた飲料をいうことが多いようですが、チョコレートとミルクを使わずににココアを使うこともあるとのこと。

コーヒー+ココア=カフェモカでもいいわけです。チョコの甘味とコーヒーの苦味が混ざって美味しい飲み物ですよね。疲れたときには身体と心にしみますね!

最初からコーヒーとココアがセットになっているカフェモカも売っている

分量を考えたりせず、先にカフェモカの用意ができているセットがあります。

ココアと言えばバンホーテン。大人の苦味がちょっとあるので子供さんには向いていませんが、お湯を入れるだけでおいしいカフェモカができるのでオススメです。

ネスカフェのカフェモカはお値段重視。1杯分で10円少しで美味しいカフェモカが飲めます。ちょっと疲れた時などに甘めの温かい飲み物はいかがですか?

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です