自転車の防寒手袋に激おすすめ、防寒テムレスを紹介 

「自転車の防寒手袋に激おすすめ、防寒テムレスを紹介 」のアイキャッチ画像
今週のスペシャル! 
楽天のお買い物マラソンは5月27日(金)まで!後からでもOKの買い周りキャンペーン
Amazonのタイムセール祭りは5月28日(土)から!ポイントアップキャンペーンはこちらから
GetNavix家電Watch presents 家電大賞2021-2022 受賞作品を楽天市場でチェック!

浸水しないのに蒸れない不思議な防水手袋は自転車に最適!

自転車に乗るときの手袋、どうしていますか?

夏は指先をカットした手袋などいろいろ使えるものがあるのですが、冬用の手袋となると選択が難しくなります。

いろいろ買って使ってみた結果、おすすめできる手袋を見つけましたのでご紹介したいと思います。

冬のライドで手袋に求められる性能

ただ寒さをしのぐだけならふわふわでもこもこで分厚い手袋だったら何でも良いでしょう。

しかし、自転車に乗るときの手袋というのはただ暑ければいい、寒さを防げればいいではありません。

冬の手袋に求められることをいくつかまとめてみましょう。

冬のライドに求められる手袋

  • しっかりした防寒
    指先が冷え切ってしまうとシフト操作などのご操作、ブレーキの調整などに悪影響がでる
  • 厚みが多くないこと
    分厚い手袋だと操作がしにくくなり、坂を登った後などでは汗をかき後で冷たくなってしまう
  • 柔らかいこと
    硬い手袋もまたシフトやブレーキの操作がしにくくなりライドに集中できなくなる
  • 透湿性
    汗をかいても湿気が抜けること、これは洗濯時の乾きの良さにも影響がでてくる
  • 防水性
    天気が変わりやすい秋や冬のライドはある程度の防水性を持った手袋のほうがなにかと便利

先日とある手袋を買ったのですが、こんなことで困ってしまい結局使うのをやめてしまいました。

それはスキー用の手袋のように分厚く保温性はばっちりで表面に防水加工がされているという触れ込みだったのですが、実際に使ってみると指の間などからすぐに浸水してしまい中はびしょびしょになり、乾かすのに非常に大変でした。

また、少し気温があがると暑くなり手が汗をかくと今度は湿って気持ち悪くなり、着脱のたびにまとわりついて使い勝手がどんどん悪くなりました。

たかが手袋、されど手袋。高いから良いとか安いからだめ、とは言い切れない部分があります。

それらをまとめるとこんな手袋だったら良いのでは、というのを箇条書きにしてみました。

こんな防寒手袋が欲しい

  • 防寒性能はしっかりしていること
  • 厚みはそれほどなく柔らかさがあること
  • 防水性が高く透湿性があること

いやいや、そんな手袋があったらほしいわ、と思う方が多いと思います。

いろいろな手袋を探した結果、ちょうどよいものがあったんです。一見矛盾してそうな「防水」と「透湿」をクリアするような手袋が。

登山家やライダー、ロングライドの人に愛用されてきた手袋「テムレス」

僕もその手袋のことは以前から知っていたのですがとある理由で避けていました。それは色。

これはショーワグローブのテムレスという作業用手袋なんですが、いかにも作業用で水色で正直自転車に乗りながら使うのにはちょっと。

しかし色なんて気にしない、という方は猛烈に愛用されていて登山やバイクに乗る人からは圧倒的に支持された手袋でもあります。

愛される理由がまさに先程の「求められる手袋像」にものすごく近いこと。

水は通さない(防水)なのに汗などの湿気は外に放出(透湿)で水は通さずムレは軽減するポリウレタン手袋で裏地がついているのです。

洗車などに使う方も多いですし園芸や農作業などでも抜群。ただし、色がなぁ・・・でした。

しかし!

このテムレスの防寒タイプ(中にふわふわがついています)にオリーブグリーンがあるのを発見し購入してみたところ、まさに自転車乗りのための手袋としてばっちりだったのです。

防寒テムレスのすごく良い点

実際に購入して使っていますが0℃近くなる私の住んでいるところでもバッチリ使えています。

タイ

防寒テムレスにあてはめてみた

  • しっかりした防寒
    防水ポリウレタン層の下に発泡ポリウレタンの起毛を入れたことで断熱性を高めてある
  • 厚みが多くないこと
    サイズにもよりますが手袋自体は薄いのでいろいろな操作に支障がほとんどありません
  • 柔らかいこと
    やわらかなポリウレタンは-60℃でもやわらかさを維持するそうです(メーカーより)
  • 透湿性、防水性
    水滴は通さず水蒸気は通す防水ポリウレタン層がばっちり浸水を防ぎ汗の蒸れは発散

ほぼ要求をかなえてくれています。

最初は雨の日だけ使おうと思っていたのですが、あまりにも透湿性が良く蒸れないので冬になってから毎日この手袋で通勤をしています。

雨の日は当然防水で手が濡れませんし、汗をかいても本当に発散してくれるので次の日に手を入れてもサラッとしています。

透湿と防水についてのわかりやすい絵がショーワグローブさんのHPにあったのでご紹介します。

防水ポリウレタン層は水滴をしっかりガードしますが、それより内側の裏布、発泡プリウレタン層(起毛)、そして表面の防水ポリウレタン層は汗や熱、水蒸気といったものは外ににがしてくれるため透湿効果がでてきます。

防寒テムレスの画像など

私のInstagramのアカウントにいくつか写真をアップしていたのでご紹介します。

指先でOKサインを出せるほど柔らかいので自転車の運転操作は非常にしやすいです。

私の自転車はグラベルバイクでシフト操作などもやや繊細な部分があるのですがご操作などもほとんどなくブレーキもしっかりかけることができています。

特筆すべきは柔らかさで、動画で紹介しているように手をしっかり握りしめることができるほど薄いのに0℃でもまったく平気なくらい暖かいのです。

ただ分厚いと濡れてしまうし薄いと寒く、防水も透湿も求められるとなかなか良い手袋がなかったのでこれは本当に良いと思います。

価格が安く、オリーブグリーンが出て使いやすくなった

水色だけの展開だった防寒テムレスにオリーブグリーンが出たので普段遣いでもほんと使いやすくなりました。

この色ならレインウェアと一緒に使っても違和感がないしいろんな色に合わせやすいのがグッド。

そしてお値段ですがAmazonで2000円未満、楽天だとさらに安いんですが運賃との兼ね合いがあるので2000円程度で買うことができます。

安いものでも1000円くらい、高いものだと1万円近い自転車用手袋の中ではかなり安いと思いますし、品質が本当にオススメ。

もちろん洗車やほかの作業にも使うことができるので自転車兼用で、というのにも良いと思います。

けんたさんにも教えてあげた

自転車系ユーチューバーで有名なけんたさんが大雨の中でライドしていて手袋がびしょびしょになっていたので、防寒テムレスを教えてあげました。

よっぽど辛かったのでしょう、コメントで「買います」と^^

濡れた手袋のライド、ほんとつらいですからねー。おすすめできてよかったです!