シニア層におすすめのラケット Wilson CLUSH100 V2.0 使用レビュー

スポーツ
[parts id="15918"]
※この記事には商品PRを含んでいます※

打球感の柔らかさが肘や肩の負担が少ない良ラケット

私は年齢52歳の男性テニス愛好家で日曜日の朝にレッスンを90分ほど入れています。

メンバーも年齢の近い「テニスを楽しむ永遠の初心者」コースで和気あいあい楽しんでいます。

さて、50歳を過ぎてから腕や肩の痛みがまた出てきました。40代前半にあった四十肩を思い出すような痛み。

四十肩の頃はテニスをしていなかったのですが、この肩の痛みを感じながらのテニスはちょっとつらいものが。

テニスを続けたい、でも肩や肘の痛みは抑えたいと考えたときにテニスラケットの買い替えをすることにしました。

いろいろ迷って購入したのがWilsonのCLASH(クラッシュ)100平方インチのモデルです。

今まで使ってきたラケットとの比較などをしながら使用感などをレビューします。

今まで使ってきたPROSTAFFは硬かった

今まで使ってきたのはWilsonのPROSTAFFの軽量モデル。

PROSTAFF 97L V13です。しっかりした打感と振り抜きやすさはすごく良かった1本。

ただ、スポットをズレた時は悲しいほど飛ばず、肘が痛い。

コーチいわく「うまくなりたいならぜひ使い続けたほうがいい一本」でした。

そこで考えたのは「肘や肩の負担が少ない、柔らかめのラケット」です。

Wilson CLASH100 V2.0は柔らかくボールコントロールの良さ

購入前にいろいろなレビュー記事や動画を見ましたが、CLASH100はこんな特徴があるとまとめられます。

Wilson CLASH100 V2.0

  • 柔らかい打球感
  • スピン系というよりもフラット系
  • ボールのコントロールがしやすい、ボレーがしやすい
  • 扱いやすい

フェイス面積は黄金スペックの100平方インチで今まで使ってきた98平方インチと比べると一回り大きな感じです。

重さは295gなのでPROSTAFFとほぼ変わらないくらい。

肘や肩の痛みは柔らかさでかなりカバーできそうなのでとりあえず購入して使ってみることにしました。

CLASH100使用レビュー

今回、今までずっと選んできたグリップを2から3に変更しました。

細いほうが操作はし易いですが、太くすることで可動域を少し狭める事ができます。

スピンを多用するようなスタイルではなく、緩めのフラットドライブなのでグリップ3のほうが安定して握ることができました。

実際のレッスン、ゲームで使ってみて感じたのはこんな感じです。

CLASH100の使用感

  • スイートスポットが広くなり打ち損じが減った
  • 打球感が柔らかく、肘や肩の痛みが軽減した
  • 軽く振ってもよく飛ぶ
  • 思ったところにボレーがきちんと飛ぶ
  • ドロップなどの細かい操作も思ったようにできる

かなり良い感じです。98平方インチから100平方インチに変わったのも良かったと思います。

50代、60代、70代のシニアテニス愛好家にもおすすめできるなと思いました。

値段も他のラケットに比べるとかなり抑えてあるのも良いところです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました